川崎市の竹原獣医科医院は、犬・猫などの不妊去勢手術や皮膚・眼・会陰ヘルニアを診療します【動物病院】

〒210-0012
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-14

担当医スケジュール

お問い合わせはこちら

044-233-3315

混雑状況確認

混雑状況確認

医療機器紹介medical

最新の医療機器も導入しております。竹原獣医科医院の医療機器紹介

院内機器 – 眼科

[画像をクリックで拡大表示]

  • 3D手術用顕微鏡精細な手技が必要な手術、特に眼科外科において使用される手術用顕微鏡です。3Dモニターに映し出される映像を見ながら手術が可能な最新鋭の設備です。
  • 眼圧計眼圧を測定します。高眼圧には失明の危険性があります。
  • 双眼倒像鏡眼の奥にある網膜や視神経を観察します。
  • 網膜電位図(ERG)検査器光を感受する網膜の機能を電気的に測定します。
  • 細隙灯顕微鏡スリット光を顕微鏡で観察することで、手持ちスリットランプよりも細部にわたる診察が可能です。
  • ハンドスリットランプ角膜疾患や白内障など、前眼部の病変を観察します。

院内機器 – 外科

[画像をクリックで拡大表示]

  • 半導体レーザー手術装置レーザー焼灼により止血を行うことで、最低量の出血で手術を行うことができます。
  • 電気メスカット(切開)、コアグレーション(止血)、シーリング(凝固)の幅広い機能を持つ手術機器です。今までの手術をより安全かつ迅速に行うことができ、難易度の高い手術にも威力を発揮します。。
  • 動物用超音波手術機「SONOCURE」超音波により血管や神経にダメージを与えずに目的部位の破砕、乳化、吸引を行うことができます。 多くの血管や神経を巻き込んだ腫瘍や鼻腔内の腫瘍など、今まで治療が難しかった症例も、最新の医療機器の導入により新たなアプローチが可能となりました。
  • 腫瘍用電気灼器肢端部や尾部など切除が困難な部位にできた腫瘍や、皮膚が著しく欠損する恐れのある大きな体表の腫瘍を温熱療法で治療する機械です。ヒト医療においてハイパーサーミア療法と呼ばれている方法です。
  • 麻酔器(GE製)最新式の麻酔器です。この他にもう1台稼働しています。
  • 整形外科治療01骨折治療や脱臼疾患の治療に対応いたします。猫や小型犬から大型犬まで対応可能です。
  • 整形外科治療02
  • 整形外科治療03

院内機器 – 皮膚科

[画像をクリックで拡大表示]

  • クリヨペン液体窒素により体表のイボなどを凍結療法で壊死させます。麻酔をかけずに処置が可能です。
  • 中山式イボ取り機イボへの血流を遮断して自然脱落を促すための輪を設置する装置です。他の処置よりも低侵襲です。

院内機器 – 歯科

[画像をクリックで拡大表示]

  • 歯科用レントゲン装置一般のレントゲン撮影では評価の難しい歯専用のレントゲンです。麻酔下で歯根部を細かく撮影できます。
  • 歯科ユニット超音波スケーラー、分割、研磨など、歯石除去や抜歯に必要な機能を備えた、最新式の歯科用機器です。
  • 歯冠修復機器欠けてしまったり歯髄が露出したりしている歯を、コンポジットレジンで修復します。歯髄から感染し根尖部膿瘍になると抜歯が必要になってしまいます。

院内機器 – 内科、循環器科

[画像をクリックで拡大表示]

  • 動物用血圧計血圧を測定します。
  • 解析付心電計心電図検査に用います。心臓の電気的な活動を波形として表し、心臓疾患、不整脈などを評価します。 また電波を別室にてコードレスで受信する機器も備えていますので、長時間の心電図モニタリングが必要な場合でも、最小限のストレスで測定を行うことが出来ます。
  • 超音波診断装置(ポータブル)精密検査用のエコーとは別に、素早い診断のためにもう1台のエコーが稼働しています。院内のどこへでも持ち運びが可能です。
  • 高機能超音波診断装置(エコー)エコー検査に用いる機械です。心臓、肝臓、腎臓、膀胱など、他の検査では評価の難しい部位の描出に優れています。
  • 内視鏡食道、胃、十二指腸の内部を肉眼的に観察し、必要に応じて組織を採材します。また異物を飲み込んだ際の摘出にも用います。より細い内視鏡では、狭い鼻腔内や気管内を観察することも可能です。
  • 内視鏡
  • 腹腔鏡細いカメラを腹腔内に挿入して内部(肝臓など)を肉眼的に観察し、組織を採材します。腹部を大きく切開しなければならなかった検査が、腹腔鏡を用いることでごく小さな傷で可能となります。
  • 血液検査機器
  • 血液検査機器
  • 血液検査機器(犬CRP測定器)
  • 血液ガス分析装置血液の酸素分圧、二酸化炭素分圧、pHを測定し、呼吸性および代謝性の酸塩基平衡の異常を検査します。

院内機器 – その他

[画像をクリックで拡大表示]

  • 自動体外式除細動器電気的な刺激で、危険な不整脈を取り除きます。救命処置で使用します。
  • 生体モニターシステム体動や呼吸を常に把握し、映像もリアルタイムで観察が可能な、モニタリングカメラです。4台導入しております
  • レントゲン撮影装置(DR)当院のレントゲン撮影装置は、DR(デジタルラジオグラフィ)を採用しています。従来よりも「高速」「高解像度」「低線量で安全」な画像検査が可能で、動物たちにやさしい検査が可能です。
  • 新生仔用人工呼吸器帝王切開などで生まれた赤ちゃんが万が一、呼吸停止していた際、最善の対応をするために、手術室に常備しています。

院内設備のご紹介へ