病気の予防と対処法(ワクチン・予防接種)

専用駐車場完備

当院では犬・猫のワクチン接種を推奨しています。

ワクチン接種で感染・発症を未然に防ぐ

川崎市の竹原獣医科医院では、犬・猫の各種予防接種(ワクチン)を行っています。

ワクチンの接種によって防げるのは、数ある病気の中でも特に危険で命にかかわるような病気です。

接種することで感染や発症の確率を大幅に下げることができます。

予防接種で防げる主な病気

ワクチンは通常、一度の摂取で複数の病気を予防できるように混合してあります。

予防できる病気と併せてご説明します。

犬(5種・8種混合ワクチン)の予防接種

病名・犬ジステンパー
・犬パラインフルエンザ
・犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
・犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
・犬パルボウイルス感染症
8種の場合の追加ワクチン
・犬レプトスピラ病(黄疸出血型・カニコーラ型)
・犬コロナウイルス感染症

猫(3種・4種混合ワクチン)の予防接種

病名・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症
・猫汎白血球減少症
4種の場合の追加ワクチン
・猫白血病ウイルス感染症

※摂取するワクチンのタイプ(混合数)により、予防できる病気が変わります。

予防できる病気があることを知っておきましょう。

予防出来る「犬」の代表的な病気

フィラリア症

フィラリア症は、フィラリアという寄生虫によって起こる病気です。

フィラリアを持つ蚊に刺されることで感染します。感染するとフィラリアは心臓に住み着き、呼吸困難、鼻水、腹水(肺に水がたまる)、血尿、腎不全などのさまざまな症状が現れ、最終的には心臓が侵されて死に至ります。

フィラリアは毎年の投薬によって予防できますが、予防せずに放置すると感染してしまうおそろしい病気です。

狂犬病

狂犬病は狂犬病ウイルスによって起こる病気です。

犬(動物)のみの病気ではなく、人を含むすべてのほ乳類が感染・発病するウイルス性人獣共通感染症です。
感染すると著しい狂躁状態に見舞われ、ひどい神経症状を示してから昏睡状態に陥り、ほぼ100%の確率で死に至ります。

狂犬病に罹患した犬は無差別に人や動物に噛み付きます。噛み付かれると狂犬病ウイルスは伝染し、新たな罹患を生むのが特徴。東南アジアの発展途上国だけでなくヨーロッパやアメリカなどの先進国では近年でも発生しています。

犬ジステンパー

犬ジステンパーは、ジステンパーウイルスによって起こる病気です。

犬の感染症の中でももっとも広く知られた病気で、非常に感染力が強いのが特徴です。外傷などによって感染する他、感染した犬の排泄物に含まれるウイルスが空気中に飛散することでも感染します。

感染すると発熱、咳、下痢や血便、脱水症状、結膜炎や角膜炎といった目の病気などを発症し、そのまま病気が進むとけいれん、運動障害が起こり、神経系統が侵されると死に至ります。

予防出来る「猫」の代表的な病気

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウイルスが原因で起こる病気で、いわゆる「猫の風邪」と呼ばれています。

咳、くしゃみ、鼻水、目やになど人間の風邪と似たような症状が現れ、接触感染以外にも咳やくしゃみなどからウイルスが飛散することで空気感染することもあります。

3種混合ワクチンを接種しておけば、いずれも軽い症状でおさまります。

猫伝染性腸炎

猫パルボウイルスによって起こる病気で、ネコ汎白血球減少症に感染している猫との接触により感染します。

非常に感染力が強く、体外に排出された排泄物に含まれるウイルスでも約半年にわたり感染力を持ち続けます。

症状は主に子猫に強く表れ、急性腸炎、食欲不振、発熱、嘔吐・下痢などによる脱水症状などがみられます。中枢神経などにも症状が出た場合には、死に至ることもあります。